弁護士に頼むメリット

離婚の話合いを弁護士に頼むメリットとしては、なんといっても、強気な立場で話を進めていく事ができるという点です。また、相手の顔をもう見たくないと感じている場合も、直接会って話す必要がないため、こちらの言い分などをしっかりと相手に伝える事ができます。また、あらかじめ、慰謝料などの発生がある場合は、弁護士に妥当な金額などを決めて請求する事ができるため、離婚手続きがスムーズに進むというメリットがあります。

また、夫側に浮気相手がいて、浮気相手に慰謝料を請求する場合も、弁護士からの通知で伝える事ができるため、直接会う必要がなく不快な思いをせずに済みます。その他、親権に関しても、面会や養育費などしっかりと文書で夫とかわす事ができ、慰謝料や養育費の不払いなどが発生した場合は、法的な手続きに則って、給料の差し押さえなどを行う事もできます。長い年月養育費をもらう必要がある場合、万が一に備えての保険でしっかりと書類で残しておく事が大切です。

慰謝料の請求や書類の作成は自分でも行う事はできますが、特に夫婦間で取り決めた事を公的に保存するには公正証書の作成などが必要になります。こうなると、全ての手続きを自分で行う必要があるため、ややこしくなってしまう事を考えると、全ての進行を弁護士が行ってくれる手間をかけずに進める事ができます。